社長?起業家? 社会貢献への想いと今後の活動『リハネス™️』について 川本紘美 vol.4
社長?起業家? 社会貢献への想いと今後の活動『リハネス™️』について 川本紘美 vol.4

自分がやりたいのはこれかもしれないな、と思ったのが、「リハネス」です。
リハビリとフィットネスを組み合わせた分野の開拓です。
高齢化が進み、65歳以上のフィットネス人口が増えてきます。アメリカだと17%を超えていますが日本だと3.3%くらいというデータがあります。
日本よりもアメリカのほうが予防医学に対する意識が高く、自分の身は自分で守る、という感覚です。
これからはPHIピラティスがやっているような特別性や専門性が大事で、リハビリやメディカルを知っている人材が必要になってくると感じています。

自宅開業から多店舗展開 女性起業家の働き方 川本紘美 vol.3
自宅開業から多店舗展開 女性起業家の働き方 川本紘美 vol.3

女性起業家って「仕事も子育ても両立!キラキラー!」って感じがしますが、うち、全然そんな感じじゃないです(笑)うち、全然頑張ってないです。旦那さんが朝ごはんを作ってくれることもありますし、夜いないときは夜ご飯も作ってくれますし、保育園の準備もしてくれますし、本当に二人三脚でやっています。主人からは全然家庭が回ってないぞ、もう仕事をもらってこないでくれ、と言われますが、私としては売上を作らないとスタッフにお給料も払えませんし、もっともっとという気持ちがあるのですが、もうこれ以上は!と言われますね(笑)

アスリートへの食事提供とアレルギー 管理栄養士が行うアスリートのサポートvol.3
アスリートへの食事提供とアレルギー 管理栄養士が行うアスリートのサポートvol.3

先日のコラムでは管理栄養士の廣松千愛さんがアセスメントや食事提供などに関連する内容をテーマにお話されました。私(奥隅知里)はアレルギーや疾患などの内科的面に関する内容をお伝えしていこうと思います。

今回はアレルギーについて。アレルギーの原因となるアレルゲンの種類は食物だけでなく、薬や空気中の物質、花粉などいろいろありますが、今回は食物アレルギーについて管理栄養士の観点からお話ししていきます。

アスリートへの食事提供について 管理栄養士が行うアスリートのサポートvol.2
アスリートへの食事提供について 管理栄養士が行うアスリートのサポートvol.2

第2回目はエネルギーについて。献立を考えたり、食事のアドバイスをしたりするときにも基本となるエネルギー量。アスリートは1日にそれくらいのエネルギー量を消費していて、どのくらいのエネルギー量が必要なのか、エネルギーバランスを軸に解説していきます。

プロバスケットボールチームでの活動とピラティスとの出会い 川本紘美 vol.2
プロバスケットボールチームでの活動とピラティスとの出会い 川本紘美 vol.2

病院に就職する前からピラティスの存在は知っていました。病院に就職してから1年間、ピラティスを習い事として自分が行くようになりました。
ピラティスを初めたきっかけは、病院の患者さんに、「このエクササイズをしてください」「スクワット30回3セット毎日やってください」と伝えていたのですが、自分が何も実践していないことに気が付き、何かを実践しようと始めたのがピラティスでした。

previous arrow
next arrow
Slider

最終更新: 05月18日

トレーナーになるために