カールツァイスビジョンセンターを開業 小松 佳弘 vol.3

元々長年カールツァイス社の製品は取り扱いがあったのですが、一時疎遠になった時期がありました。日本国内の総代理店の影響もあって。100%本社資本の会社ができたということもあり、付き合いが再度始まった経緯があります。 たまたま医療系の展示会に行った際に、カールツァイスが出展していて、検査機器が無いか、40年ほど前からある機械の紙ベースでのチャートデータが欲しいという問い合わせをしたんです。そうすると、既に電子化されたものがあると紹介され、担当者の方をご紹介していただいたことが再開のきっかけともなりました。
Read More
カールツァイスビジョンセンターを開業 小松 佳弘 vol.3

やり投げ選手 中西啄真の特徴と課題 安宅優輔×中西啄真 vol.2

中西選手の特徴として身体全部がしなるような、鞭のような動きに課題が残ります。ただ、しなるような動きが中西選手にとって必要かどうか、まだ試行錯誤している段階です。剛の投げ方と柔の投げ方があるとすれば、今は剛の投げ方で結果が出ている状態です。これでしばらくは様子を見ようと判断をしていますが、更に良くなるかもしれない『柔』の投げ方ができるようになれば、より競技成績が改善するのではないかなと思っています。
Read More
やり投げ選手 中西啄真の特徴と課題 安宅優輔×中西啄真 vol.2

臨床、チームサポートの経験を活かす。新潟医療福祉大学の特性と教員としての視点 新潟医療福祉大学 中村 絵美 vol.3

対学生という部分においては、私自身は体育・スポーツの人間であったということもあり、今医療従事者の方々でスポーツに関わっている人を見ると、感覚が少し違っているかなと感じていることもありました。 スポーツの現場を見たり空気感を知ったり、動きをみたりという場面は、スポーツを知らないと分からない点かなと。 治療のためだけにグラウンドに行くわけではなく、という点ですね。
Read More
臨床、チームサポートの経験を活かす。新潟医療福祉大学の特性と教員としての視点 新潟医療福祉大学 中村 絵美 vol.3

アスリートの指導をしながら考えていること 場作りをしていきたい。 奥隅 知里vol.4

栄養に特化した場所というものを作りたいと思っています。 今はパーソナルトレーナーがいることは認知されていて、パーソナルトレーニングジムは多数ありますし充実しています。治療で言えば鍼灸や整骨院など、それぞれの専門性を活かせる場があります。しかし、栄養士にはそれがないのです。 そこに行けば、栄養のことが何でも出来ちゃう場がないですね。 そのために色んな方と接点を持ち、視野を広げていくほうが良い施設ができるのではないかと思っています。 セミナーを受けられて、ご飯も食べられて、料理教室も開催されていて、自分にあったパーソナルな相談もできるような空間を作りたいです。
Read More
アスリートの指導をしながら考えていること 場作りをしていきたい。 奥隅 知里vol.4

自身の経験と学生トレーナーへの思い『C.H.A.I.N』 vol.3

C.H.A.I.Nが最初にきちっとしたキットを作り、学生トレーナーがどれだけ使ってもいい状況を作ってあげられれば、学生のときから良いものを使う経験を積むことが出来ます。これも重要だと考えています。
Read More
自身の経験と学生トレーナーへの思い『C.H.A.I.N』 vol.3

Jリーガーを目指した学生時代。ブラジルへ渡航。そして大学サッカーへ 深井 正樹 vol.2

高校2年の時はインターハイの予選で負けてしまい、夏休みに暇ができた時にたまたまブラジル人コーチが高校に来ていました。コーチが帰るタイミングで僕もブラジル行きたいと言ったら、「来い来い!チームも紹介してやる、うちに泊まっていいから!」と快諾してくれて。学校に許可をとって、3週間くらいブラジルに行きました。トランジットでロサンゼルスの空港に8時間くらい滞在しましたが、言葉も分からないし、ジュース1杯でカフェの椅子に座って8時間過ごして、すごいことやったな〜と思います(笑)ブラジルでも言葉が通じないけれど、コーチが練習場へ連れて行ってくれたので安全でした。ただ、一歩路地に入ると危険なところがあり、気をつけて生活していましたね。  思いつきだけで行っちゃいました。でも、ブラジルではサッカー漬けの毎日で、サッカーへの情熱を感じる環境で、良い影響を受けました。
Read More
Jリーガーを目指した学生時代。ブラジルへ渡航。そして大学サッカーへ 深井 正樹 vol.2

好きな野球と肩への着目 臨床の世界を経験 新潟医療福祉大学 中村 絵美 vol.2

野球自体はずっと好きで、父親が巨人ファン、母親がヤクルトファンということもあって、いつもテレビで野球中継はついていました。 あとは、父親の仕事の関係で、都市対抗野球も毎年東京ドームに連れて行かれて見ていました。 ということもあって、特に野球時代は日常にあるものという認識だったと思います。
Read More
好きな野球と肩への着目 臨床の世界を経験 新潟医療福祉大学 中村 絵美 vol.2

管理栄養士が行うアスリートサポート 選手との関わり 奥隅 知里vol.3

スポーツチームへのサポートは学生時代からです。最初は知人からの紹介でつながりを作ったり、自分からスポーツチームやアスリートに栄養サポートの提案営業をしていました。学生のときは本当にバイタリティがあったなと思います(笑)  World Player Projectに関わり始めたのは社会人2年目からでした。他のセミナーの懇親会でWorld Player Projectのことを知り、参加するようになりました。
Read More
管理栄養士が行うアスリートサポート 選手との関わり 奥隅 知里vol.3

アスリートへの食事提供について 管理栄養士が行うアスリートのサポートvol.1

第1回目はアスリートへの食事提供について。アスリート個人と契約し、パーソナルや数名のグループを対象として食事提供をしたり、ナショナルチームで行われる合宿に帯同して調理をしたりすることもあります。一体、どんな戦略を立てながら栄養管理計画や献立作成を行っているのか?まずは大まかな流れについてまとめました。管理栄養士によってもやり方は様々ですので、一例としてご覧ください。
Read More
アスリートへの食事提供について 管理栄養士が行うアスリートのサポートvol.1

銀行員としての歩み、そしてインストラクターへ。  LAVA 山下沙由里 vol.2

自分が体験したことを人に伝えたり教えたりする仕事がしたいと思って銀行に就職したのですが、当時の銀行は男性が活躍している環境だったので、私がやりたいことと少し違うかもしれないと思い始めていました。女性が活躍していける印象を持てませんでした。  そんな時に、銀行員の時にパソコン作業で痛めた首がヨガで解消された経験をしたこともあって、自分の心と身体に良い変化を与えてくれたヨガを人に伝えたいと思うようになりました。ヨガをみんなに伝えたい、ヨガを仕事にできたら幸せだなって。ただ、正社員で働きたくても当時はなかなか求人がなく、私のような素人でも働きながら学べる環境を探していました。
Read More
銀行員としての歩み、そしてインストラクターへ。  LAVA 山下沙由里 vol.2

最終更新: 02月28日

Career

対談やインタビューなどをお届け。

Product&Tech

最新の器具やテクノロジーをご紹介。

Education

トレーナーとしての学習やメソッドなどをご紹介。

Business

経営に関する情報をご案内。

トレーナーになるために

メニューを閉じる