• 投稿カテゴリー:Career

Darren Rhodesさんとyogahour 前崎 陽 vol.2

Darren Rhodesさんとyogahour 前崎 陽 vol.2

シェアする

前崎 陽(まえさき よう)
hibiyoga / Yoga Practitioner

 《主な経歴》
福岡県大野城市にてヨガスタジオ「hibiyoga」を運営
インド留学時にヨガに出会い、インドで2年間アイアンガーを学ぶ。
帰国後はスタジオ・ヨギーにてアヌサラヨガを中心に、様々なトレーニングを受講する。
2009年、ヨガスタジオ「hibiyoga」を開設。
2013年、Darren Rhodesに会うために渡米し、yogahourに出会う。
2014年、日本人初のyogahour正式指導者となる。

 日本人初のyogahour正式指導者であり、ヨガスタジオ「hibiyoga」を運営している前崎氏。
ヨガとの出会いから、過去の経験などをうかがった。

ヨガを教えることになったきっかけは?

 ニューヨークなどで活動するアヌサラヨガのJackie Preteさんから「そろそろ教えなさい」「教えないと教えることは学べない」と言われたことです。
 彼女の言葉に背中を押してもらい、2009年にスタジオ(hibiyoga)を始めました。

ヨガスタジオhibiyogaを運営し、日本人初のyogahourの指導者である前崎陽さんが浜辺でヨガをしている写真

自分でスタジオを始めてみてどうでしたか?

 最初は実家でしていた書道教室の金額を参考にして、月4回5,000円という設定で始めました。もちろん予約なども受けていました。ただ、初めてのことだったので、戸惑うことも多かったです。

 実際に自身で教えるようになり、自分が習った形そのままでレッスンをしていたのですが、もっと良いレッスンの形があるのではないか?ということも考えるようになりました。

より良いレッスンを模索するため、どのような行動をされたのですか?

 YogaGloというサイトでいろいろなヨガのプログラムを受講しました。YogaGloはさまざまなヨガのレッスンをオンライン上で受講できるサービスです。提供されているプログラムの中にはアヌサラヨガもあり、日本で体験したアヌサラヨガとの違いを感じました。

 特に印象に残っているのがDarren Rhodesさんでした。オンライン上のプログラムですが、所作や語り口が映像用ではなく、非常に自然体で、心地良く、複数のプログラムを受講しました。
 ちょうどその頃、Darren Rhodesさんがyogahourという新しいプログラムをスタートした時期でした。そして、yogahourが初めてフィラデルフィアで開催するトレーニングを見つけて、これだと思って申し込みました。

 後から知った話なのですが、このトレーニングは実はキャンセルとなる可能性があったそうです。参加人数が少ないためキャンセルという話が出たそうですが、日本からの参加者がいるということで、Darren Rhodesさんが人数が少なくても開催しようと決断したそうです。

ヨガスタジオhibiyogaを運営し、日本人初のyogahourの指導者である前崎陽さんとヨガアワーのダレンローズさんの写真

Darren Rhodesさんのトレーニングを受けていかがでしたか?

 これだ!!と思いました!

 yogahourは日常に密着するために、プログラムの時間を90分から60分に短縮しています。アメリカでは90分のクラス、日本では75分のクラスが多い印象ですが、日常化するためには長い時間では難しい、という課題意識が反映されています。
 プログラムの開始時に実施することの多い10分間の対話を短くし、ペアワークをなくし、マットから全く出ず、難しいポーズを除くことで、1時間しっかりと動くことができるよう改良されたプログラムです。

 Darren Rhodesさん自身は難しいポーズを達成した1人なのですが、難しいポーズによる怪我のリスクなどを考慮したプログラムになっています。
 また、日常に密着するためには、費用の面も重要という考えから、$4.00/時間(現在は$5.00/時間)で設定されています。なので、私は日本では、800円/時間で設定しました。

Darren Rhodesさんのトレーニング後、レッスン内容は変わりましたか?

 日本で受講していたプログラムでは、太陽礼拝→立位→座位という流れが一般的でした。一方でDarren Rhodesさんのプログラムは一般的な流れには囚われず、ポーズが多いこと、言葉が少ないこと、テンポが早いこと、ポーズの切り替わりが多いことが特徴です。そのため、シークエンスが決まっていることが多いです。

 帰国後にDarren Rhodesさんのトレーニングで学んだシークエンスを試したところ、非常に好評でした。シークエンスが珍しかったためか、他では受けられない内容だと非常に喜んでもらえました。

ヨガスタジオhibiyogaを運営し、日本人初のyogahourの指導者である前崎陽さんとヨガアワーのダレンローズさんの写真

Darren Rhodesさんのトレーニングはその後も受けていますか?

 2013年にフィラデルフィアで初めてyogahourのトレーニング受けた後、オーストラリアで開催されたトレーニングにも参加しました。正式指導者になるための9日間のトレーニングをセントルイスで受講し、2014年にyogahourの正式指導者1期生になりました。正式指導者になった後も、4回トレーニングに通っています。

ヨガスタジオhibiyogaを運営し、日本人初のyogahourの指導者である前崎陽さん

yogahourのティーチャートレーニングはどのような内容でしたか?

 トレーニングはペアワークです。yogahourでは英語で、30秒間でポーズを説明します。9日間のトレーニングで5つのシークエンスを覚える必要があります。50以上のポーズで両サイドの台本があり、すべて覚えなければなりません。そして、みんなの前で説明できるようになる必要があります。また、テキストを読んで、筆記試験もありました。

 合格率はだいたい60%だったと思います。トレーニング中は試験もあるのでストレスでした(笑)

取材:田沢青木
編集:小林(ひ)

ヨガスタジオhibiyogaを運営し、日本人初のyogahourの指導者である前崎陽さんのヨガのポーズ

前崎さんの情報はこちら

前崎さんの運営するhibiyogaはこちら

【URL】
http://hibiyoga.com/
【住所】
福岡県大野城市白木原5-1-27 福岡書芸院3F
【facebook】
https://www.facebook.com/Hibiyoga-593136914055591/
【ブログ】
https://hibiyoga.exblog.jp/

シェアする

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Facebook

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Facebookページ

Twitter

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Twitter

Instagram

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Instagram
Instagram did not return a 200.