• 投稿カテゴリー:Education

講習会を広げ、活動の場を広げていく。利用者に寄り添う。『C.H.A.I.N』 vol.2

講習会を広げ、活動の場を広げていく。利用者に寄り添う。『C.H.A.I.N』 vol.2

シェアする

村木 健太郎 柔道整復師
1987年青梅生まれ
C.H.A.I.N(チェイン)チーフ / 青梅市サッカー協会理事 / カラダラボ青梅駅前施設長 / こばやし接骨院非常勤セラピスト

 東京の北西部に位置し、都下では八王子市の次に面積が広い青梅市。人口133,283人、63,474世帯が暮らす(2019年11月現在)この街には、2020年に創立50周年を迎える一般社団法人青梅市サッカー協会がある。節目を迎える年に、フィジカルサポートチーム『C.H.A.I.N』が結成された。
 青梅を愛し、青梅に恩返ししたい。そんな想いの溢れる『C.H.A.I.N』創設者であり、FIFA国際審判員の専属トレーナーや地域での講習会で傷害予防等の普及・啓蒙活動を行うの村木 健太郎氏に話を伺った。
 第二弾はC.H.A.I.Nの活動について。

C.H.A.I.Nについて教えて下さい

 青梅市サッカー協会は15年以上前から「 指導者・保護者のためのフィジカル講座 」を毎年開催し、私の師匠である渡辺 昭彦さんが、講座の開設当時から講師を担当していました。渡辺さんから一緒にやろうと声をかけてもらい、一緒に担当するようになりました。

 講座後にアンケートを行ってみたところ、『 チームに来てほしい 』『 学年でやってほしい 』という声が多数寄せられました。小学生は学年によってチームを束ねている人が違うため、従来の講習会に来てもらうという方法ではマッチしません。怪我の予防や自分たちが大切に思っていることをもっと広められるのではないかと、自分たちから出向いていく必要性を感じました。

 資金面も含め、チーム単位で専属トレーナー契約ができるような小学生チームはほとんどありません。お金がないからそのままでいいのか、指導者の知識の差で競技に向き合える姿勢が変わってしまうのはどうなのか、という思いもありました。全国的に見ても協会が主導してチームにトレーナーを派遣する仕組みがなく、だったら自分たちで作ろうという考えが元になっています。

 現在は、障害予防やトレーニングのことなどの講習会と、動画コンテンツの配信がメインですがこれから活動の場を広げていく予定です。

C.H.A.I.Nチーフであり青梅市サッカー協会理事であり、カラダラボ青梅駅前施設長であり、こばやし接骨院非常勤セラピストである柔道整復師の村木健太郎さんが講義をしているところ

指導対象はどのような方たちですか

 特に対象を絞ることはしていません。指導者、保護者、子どもたち全員を対象にしています。また、講座を行うときも、指導者に対して指導者向けの講座を開催するのではなく、指導者も保護者も子どもたちも一緒になって受講します。保護者目線、子ども目線のどちらも大切にする講座にしています。

 これは開設当初からこのやり方です。保護者に「子どもにとってはこうですよね」と説明し、子どもたちには「親にとってはこうだよ。みんなはどう思う?」と問いかけます。一緒の場にいることで、子どもたちが何を気にしているかが保護者にも伝わり、一種の授業参観のような雰囲気です。

 中学生になると保護者の目から離れるため、動画コンテンツは中学生でもわかる内容にして、成長の段階に合わせて継続的にサポートしています。

活動の反響は?

 2019年9月に立ち上げたばかりなので会員数はまだ多くはないですが、「C.H.A.I.Nって何?」「どんなことをしているの?」と注目してもらっている実感はあります。

運営メンバーを教えてください

 理学療法士、鍼灸、アスレティックトレーナーなど全員で6名です。いまは動画コンテンツの編集、リリースなども全て私が行い、仕組み化した後にそれぞれが得意な分野を活かしながら担当する予定です。

 動画コンテンツは、自分たちが思うことをダイレクトに伝えられて、きっかけ作りにもなる良いツールだなと思います。動画をきっかけに会員登録者が増えて、講座に来てもらって顔の見える関係ができたら嬉しいですね。

 会員登録は無料で、動画も無料で視聴できます。何かを勉強したいというきっかけにつながればいいですね。

C.H.A.I.Nチーフであり青梅市サッカー協会理事であり、カラダラボ青梅駅前施設長であり、こばやし接骨院非常勤セラピストである柔道整復師の村木健太郎さんの講義資料

今後、活動の広がりは

 今はまだ出張講座をしっかりスタートできていませんが、主催している講座のバラエティを増やしながら、どんな講座が求められているか模索しながら広げていく予定です。

 それから、現状は自分たちの強みであるサッカーが中心になっていますが、野球など様々なスポーツに広げていきたいと思っています。サッカー以外のトレーナーも歓迎していきたいですね。

取材:橘内小林(ひ) 編集:小林(ひ)

青梅サッカー協会のロゴ
C.H.A.I.Nチーフであり青梅市サッカー協会理事であり、カラダラボ青梅駅前施設長であり、こばやし接骨院非常勤セラピストである柔道整復師の村木健太郎さんがトレーナーのキャリア、インストラクターのキャリアについて語っているところ

一般社団法人青梅市サッカー協会はこちら

C.H.A.I.Nはこちら

村木さんの勤務先はこちら

【リハビリ特化型デイサービス カラダラボ青梅駅前】
URL :https://karadalaboome.wixsite.com/karadalabo-ome
【こばやし接骨院】
URL :http://www.e-hato-bu.com/

シェアする

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Facebook

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Facebookページ

Twitter

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Twitter

Instagram

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Instagram
Instagram did not return a 200.