• 投稿カテゴリー:Career

現役14年 ドリブルを武器にしてきたJリーガーの幼少期 深井 正樹 vol.1

現役14年 ドリブルを武器にしてきたJリーガーの幼少期 深井 正樹 vol.1

シェアする

深井 正樹(ふかい まさき)
駒澤大学 総合教育研究部スポーツ健康科学部門 助教 / 駒澤大学 サッカー部コーチ

1980年 山梨県生まれ。
小学校からサッカーを始め、全国大会などに出場。
ドリブルを武器に、高校、大学と活躍。駒澤大学在学時は大学サッカー史上最高の2トップの一人と評された。
2003年 鹿島アントラーズに加入。
2007年 アルビレックス新潟
2008年 名古屋グランパス
2008年夏 ジェフユナイテッド千葉
2014年 V・ファーレン長崎
2016年 SC相模原
2016年12月 14年間のプレイヤーとしてのキャリアを終える。
早稲田大学大学院にてスポーツビジネスを学ぶ。
2019年4月 駒澤大学に助教として在籍。現在に至る。

 現役時代が短いとされるJリーグ。一説には2〜3年で引退する選手が多いと言われている。
 その激しい競争の中で、14年間という長い間プレーを続けた選手がいる。深井正樹氏だ。
 深井正樹氏がどのようにしてJリーガーとなり、そして、セカンドキャリアを築きつつあるのか。
インタビューにて掘り起こしていく。

サッカーを始めたきっかけは?

 小学校3年生からサッカーを始めました。今の時代だったらサッカーを始めた時期は早い方じゃないですね。でも当時は未就学児が入れるようなクラブはなかったですから、小学校3年生くらいまでは野山を駆け回っていました(笑)

 サッカーを始めた理由は2つあって、当時、人気があったのはサッカーと野球でしたが友達がサッカーをやっていたことと、2つ年上の憧れの先輩が「一緒にサッカーやろうぜ」と声をかけてくれたことでした。

 サッカークラブに通うようになって2〜3ヶ月が経った頃に、飽きたわけじゃなくて、何だか行かなくなっちゃったんです。はっきり覚えていませんが、好きではない練習があって、うまくいかないことが理由だったと思います。クラブを辞めたわけではなかったので、会費は払い続けていました。そしたら父に「行かないのなら辞めろ」と言われて。それがムカッとして(笑)、4年生からまた通いましたね。

その後はサッカーを続けたのですか?

 サッカーにのめり込んでいましたね。無我夢中でした。

 練習は週3〜4回ありましたが、学校で日が暮れるまでサッカーをして、友だちの家でもサッカーをして、公式の練習以外でもずっとサッカーをしていました。そういう経験が良かったと、今は思いますね。

 今は色々なスクールに通って週6〜7日はサッカーという子ども達もいますが、遊びの中で身に付くこともあります。最近の子ども達は環境がそうさせてくれないのかもしれませんが、大人に縛られていないところでサッカーをやることが結構良かったかなと思うんです。

選手として目立ち始めたのはいつでしたか?

 いつなんでしょうね。

 本当に小さいサッカークラブだったので、足が速いとか、そういうことで目立ってはいたんだとは思います。小学校時代はよみうりランドでやっていた全国大会にチームで出たり、県選抜などにも選ばれていました。

 中学校ではトラベッソというクラブチームに所属しました。ポルトガル語で「わんぱく」という意味で、本当に自由でした17時〜20時の練習時間のうち、最初の1時間半くらいは自主練でした。ディフェンスの自主練をやっている子がいたり、中間の練習をやっている子がいたり。ドリブラーを育てようというチームだったのですが、ドリブルだけが全てではないので他のこともやれるチームでした。僕は小さかったですが足は早かったので、ずっとドリブルをしてました。ドリブルが楽し過ぎて、コーンを並べて1時間半ドリブル練習です。

 コーチから、今は勝つことなんかどうでもいいから個人の技術を上げるための時期だ、と指導されていました。でも、もちろん負けていい訳ではないですし、負けたら悔しいです。

 全員抜いて、ゴールキーパーも抜いて、キーパーにボール当てて決めろ、という感じでした。この時代に、これからにつながる武器が培われた気がします。

練習の成果は出ましたか?

 育成としての成果は出たと思いますが、チームの結果という成果はあまり出なかったです。
 山梨にクラブチームがあまりないので、東京のチームと試合をするのですが、東京にはJリーグのクラブがあって、遥かにレベルが高くて勝つことはほとんどありませんでした。ただ、トラベッソで個人としてのスキルを身に付けさせてもらえました。山梨では目立つ存在になれたので、県選抜や関東選抜に呼ばれて、その先の選択肢が増えました。

当時から将来のことも見据えていたのでしょうか?

 中学生の時はひたすらドリブルしていました。1つ年下にライバルのような存在がいて、その選手に負けたくないという思いでやっていましたね。

 僕が中学校1年生の時にJリーグができて、将来的にプロになりたいと思いました。プロになるためにはどうしなければならないのか、今の努力はプロに到達できる努力なのかということを結構考えていました。

取材:田沢
編集:小林(ひ)

シェアする

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Facebook

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Facebookページ

Twitter

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Twitter

Instagram

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Instagram
Instagram did not return a 200.