• 投稿カテゴリー:Career

Jリーガーを目指した学生時代。ブラジルへ渡航。そして大学サッカーへ 深井 正樹 vol.2

Jリーガーを目指した学生時代。ブラジルへ渡航。そして大学サッカーへ 深井 正樹 vol.2

シェアする

深井 正樹(ふかい まさき)
駒澤大学 総合教育研究部スポーツ健康科学部門 助教 / 駒澤大学 サッカー部コーチ

1980年 山梨県生まれ。
小学校からサッカーを始め、全国大会などに出場。
ドリブルを武器に、高校、大学と活躍。駒澤大学在学時は大学サッカー史上最高の2トップの一人と評された。
2003年 鹿島アントラーズに加入。
2007年 アルビレックス新潟
2008年 名古屋グランパス
2008年夏 ジェフユナイテッド千葉
2014年 V・ファーレン長崎
2016年 SC相模原
2016年12月 14年間のプレイヤーとしてのキャリアを終える。
早稲田大学大学院にてスポーツビジネスを学ぶ。
2019年4月 駒澤大学に助教として在籍。現在に至る。

 現役時代が短いとされるJリーグ。一説には2〜3年で引退する選手が多いと言われている。
 その激しい競争の中で、14年間という長い間プレーを続けた選手がいる。深井正樹氏だ。
 深井正樹氏がどのようにしてJリーガーとなり、そして、セカンドキャリアを築きつつあるのか。
インタビューにて掘り起こしていく。

Jリーグの発足はインパクトが大きかったですか?

 時代が日本リーグから変わって、ヴェルディとカズさん(三浦 知良選手)が数億円の契約というニュースがあったり、Jリーグってすごいなと思いました。今までぼんやりサッカーをしていたのですが、絶対にプロになってやる、という決意に変わりました。

学生時代は順調でしたか?

 高校の進学は結構悩みましたね。

 どういう高校がいいのかをクラブチームのコーチに相談しました。クラブチームではなく高校サッカーの方が合うとアドバイスをもらって、高校サッカーに進むことにしました。ありがたいことに、千葉や山梨などいろいろな学校から練習に呼んでもらえて、色々行きました。

 ただ、親元を離れて私立に進学することは費用を考えてもちょっと難しいかな、という気持ちがあったので、自宅から通学できる山梨県のサッカー強豪校に入学しました。

高校サッカーの結果はどうでしたか?

 高校1年のインターハイはベスト4に入りましたが、僕は途中交代で出ただけでした。試合は何度か出ることができましたが、選手権も1回戦や2回戦で負けてしまって、全国的には無名でしたね。

 高校2年の時はインターハイの予選で負けてしまい、夏休みに暇ができた時にたまたまブラジル人コーチが高校に来ていました。コーチが帰るタイミングで僕もブラジルに行きたいと言ったら、「来い来い!チームも紹介してやる、うちに泊まっていいから!」と快諾してくれて。学校に許可をとって、3週間くらいブラジルに行きました。

 トランジットでロサンゼルスの空港に8時間くらい滞在しましたが、言葉も分からないし、ジュース1杯でカフェの椅子に座って8時間過ごして、すごいことやったな〜と思います(笑)ブラジルでも言葉が通じないけれど、コーチが練習場へ連れて行ってくれたので安全でした。ただ、一歩路地に入ると危険なところがあり、気をつけて生活していましたね。

 思いつきだけで行っちゃいました。でも、ブラジルではサッカー漬けの毎日で、サッカーへの情熱を感じる環境で、良い影響を受けました。今思い返すと、よく行かせてくれたな、親も寛大だなと思います。

 高校3年のインターハイの前に、進路相談で「今後どうする?」と聞かれたので、「プロに行きたいんですが、Jリーグからスカウトは来てますか?」と確認したら、来てないと告げられました。インターハイと選手権で結果残せばJリーグに行けるかもしれないけれど、それはわからない、とも言われて。

 尊敬している先輩は大学に行かずプロに進みましたが、その後ろ姿を見ていて、「自分からJリーグに行きたいと言うのではなく、Jリーグから欲しいと言われないとダメだ」と思いました。

 欲しい選手ならオファーが来ているはず。

 オファーが来ていないということは、その程度にしか見られていないということだ、と考えていました。4年後にプロになれるような大学に行きたいと考え始めた頃に、駒澤大学と順天堂大学から誘っていただいて、自分をより高く評価してくれた駒澤大学に進学することになりました。

 節目節目の選択は、直感でしたね。ただ、そこで後悔しないように、自分の決めた(プロ)目的のために後悔しないように、全力で取り組んでいました。信念を持って。

高校サッカーと大学サッカーの違いはどう感じましたか?

 サッカーの速度が違いました。身体的な速さではなく、サッカーの速さですね。

 得意なはずのドリブルでも、1年生の時はキツ過ぎてドリブルができないとアップアップしてました。
 全国からツワモノが集まってくるので、試合には出られないと思っていましたが、たまたま運良く、1年生の最初の方から試合に使ってもらえるようになりました。なぜ使ってくれたか、ちゃんと聞いたことはないですが。ちょうど監督が交代するタイミングで、3〜4年生は前の監督が勧誘して連れてきた選手だったけれど、1〜2年生は今の監督が連れてきた選手という状況で、運がよかったのかもしれません。

 あと、僕が大学へ入学する前に、駒澤大学と練習試合をして、試合に出ていた僕を見て、監督が高校の先生に「なぜ中学生を試合に出しているんだ」と言ったらしいです。僕は体格が小さいとはいえ、高校3年生だったのに(笑)

 プレーを見たらドリブルがすごくて、大学生相手にドリブルで抜いていったのが印象的だった、と後で聞きました。それで、試合で使おうと考えてくれたようです。

大学時代はどんなトレーニングをされていたのですか?

 自分に自信がある方ではなかったので、とにかく練習していました。不安を払拭するために、当時はいろいろなことをしていました。
 主に走っていましたね。午後から練習があるのに、朝は江ノ島に行って砂浜を走り、階段で島を巡って帰ってくるということを10往復して、午後の練習でまた走る、という(笑)。とにかく自信を持って試合に臨めるように、たくさん練習しました。
 身体が小さかったので、スポーツジムに通ってスピードを落とさないようなメニューを考え、体力づくりをしました。

 最近は科学が進歩して、理論的な練習方法がたくさんありますが、当時はありませんでしたからね。根性論で頑張っていた時に、今の科学があればどうなっていたか。…僕の大学生時代はお金がなくてサッカーの練習に科学を導入できない(笑)。

 今では背中にGPSを付けて走行距離を測る大学もあって…。でもその分、いろいろな情報が溢れていて、がむしゃらに練習をするような、そういう戦える選手が減ってきているような気がします。

大学で手応えを感じ始めたのはどのタイミングですか?

 2年生に上がるタイミングくらいで大学選抜に入れてもらえて、それからずっと選抜です。3年生になった頃には、どこかJリーグの1チームからは声を掛けて貰えるんじゃないかと思うようになりました。

 1〜2年生の時はドリブルだけじゃ無理だと思って、とにかくネガティブでした。試合に出ても上手くいかないことが気になって、試合後は寮で塞ぎ込んだり、誰も寄せ付けない雰囲気を出していたと思います。とにかく納得できなくて、このままじゃダメだダメだダメだ、という感じでした。

 でも試合で使ってもらえるし、何とかしないといけない。僕がドリブルをしても相手に読まれて止められてしまうので、遠くからゴールを狙えるようにミドルシュートの練習をしたり、試行錯誤しながら幅を広げました。

 今考えると、幅は広がったものの、面白みのない選手になってしまった気もします。そのままドリブルを貫いたほうが面白い選手だったかもしれません。これもまた人生ですね。

取材:田沢
編集:小林(ひ)

シェアする

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Facebook

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Facebookページ

Twitter

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Twitter

Instagram

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Instagram
Instagram did not return a 200.