• 投稿カテゴリー:Career

Jリーガーから大学教員へ。元Jリーガーが語るセカンドキャリアとは 深井 正樹 vol.4

Jリーガーから大学教員へ。元Jリーガーが語るセカンドキャリアとは 深井 正樹 vol.4

シェアする

深井 正樹(ふかい まさき)
駒澤大学 総合教育研究部スポーツ健康科学部門 助教 / 駒澤大学 サッカー部コーチ

1980年 山梨県生まれ。
小学校からサッカーを始め、全国大会などに出場。
ドリブルを武器に、高校、大学と活躍。駒澤大学在学時は大学サッカー史上最高の2トップの一人と評された。
2003年 鹿島アントラーズに加入。
2007年 アルビレックス新潟
2008年 名古屋グランパス
2008年夏 ジェフユナイテッド千葉
2014年 V・ファーレン長崎
2016年 SC相模原
2016年12月 14年間のプレイヤーとしてのキャリアを終える。
早稲田大学大学院にてスポーツビジネスを学ぶ。
2019年4月 駒澤大学に助教として在籍。現在に至る。

 現役時代が短いとされるJリーグ。一説には2〜3年で引退する選手が多いと言われている。
 その激しい競争の中で、14年間という長い間プレーを続けた選手がいる。深井正樹氏だ。
 深井正樹氏がどのようにしてJリーガーとなり、そして、セカンドキャリアを築きつつあるのか。
インタビューにて掘り起こしていく。

今の仕事はどのように決めたのでしょうか。

 現役時代からセカンドキャリアについて意識していました。

 最後、SC相模原を選択したのは、家族と過ごす時間を作るために関東に戻りたかったことと、大学院に通いながらサッカーをさせてくれるチームだったことですね。ただ、ここで痛恨のミスをしました。

 受験料の振り込みを忘れて、大学院を受験できなかったんです(笑)

 仕方ないので、その時はA級ライセンスを取得する方針に切り替えました。A級ライセンスを現役選手で取るのは結構大変なことです。1週間の講習を3回受けないといけません。チームを1週間離れることを3回も認めてもらわないといけないのですから。

 その翌年に大学院に入りました。早稲田大学の大学院、社会人コースです。徐々にセカンドキャリアの準備はしていました。

早稲田大学の大学院での研究テーマは?

 スポーツビジネスです。Jリーグの監督をどう決めるか、どんな要因が影響しているのか、というテーマでした。

 サッカービジネスやクラブ運営、ステークホルダーがどうなっているのかなんて知らなかったので楽しかったです。面白いし、こんなにもたくさんの方が関わって、Jリーグという組織がどうなっているのかが分かってきました。選手として見えていたことと、そうでないことの違いが見えてきました。

 大学院時代はジェフユナイテッド千葉の普及部に勤務していました。小学校を回ったり、スクール活動をしたり、土日のイベントなどですね。妻がピラティスのインストラクターなので、僕もピラティスの資格も取ってみたり、いろいろチャレンジしましたね。

 指導方法は今までも勉強する機会がありましたが、凝り固まってしまうという課題感もあったので幅を広げたいと思っていました。ちょうどそのタイミングでライフキネティックとも出会いました。

大学の教員になったきっかけは?

 大学で働くパターンは大きく分けて3つで、教員となるか、職員となるか、外部講師として関わるかです。

 駒澤大学はあまり外部講師に依頼していないので教員になるか職員になるかしかありませんが、僕は大学院卒業時に枠が一つ空いているという情報をもらって応募しました。現役を終えたら駒澤大学で指導者をしたいと思って、そのために大学院に入学した経緯があったので、ありがたいことです。大学院に行けば教員になれるということではありません。
 また、サッカーを辞めたら、サッカー関係者以外の人たちから様々なことを学びたいと考えていました。なので、早稲田大学の大学院はすごい人たちとの出会いがあり、すごく刺激を受けたし、学びも多かったです。

駒澤大学でのお仕事はどのようなことを?

 2019年4月から助教として勤務しています。研究しながら教育も行い、コーチも行う感じですね。

 僕の学生時代とは、学生も変わりました。情報過多になって、情報に左右されてしまい、自分の芯を見つけづらい時代なのかもしれません。反面、例えばプレイヤーが怪我をした時に、動画で行動を振り返ってサポートできたり、情報が有効に活用できることもあります。

 変わらない駒澤大学の良さは、頑張れるところですね。

 時代の変化とともに指導者も変わっていかなければいけないと思います。

セカンドキャリアについてどう思いますか?

 Jリーガーだったら簡単に大学教員や職員になれる、という世界ではないので、準備は必要です。

 セカンドキャリアに興味がない選手も多いですし、セカンドキャリアを考えることも少ないです。選手を辞めたらサッカー指導者になりたい人が多いですし、引退後の準備をしている選手でもコーチライセンスを取って満足してしまっているように思います。他の人と差別化するポイントを考えられていない人が多い気がします。

 サッカー以外にも視野を広げることが大切ですが、選手は競技に100%集中したいものですからバランスは難しいですね。でも、一番時間とお金があるのは選手のときです。少しだけ視野を広げて、世の中の情勢に注目することは必要だと思います。

 サッカーを辞めて解説者や芸能人になれる人は限られていますし、サッカーを辞めた後の人生のほうが長いです。今のJリーグの給与形態では、数年の現役時代だけでは一生食べていけるほどではありません。収入があれば使いたくなるでしょう。僕もいい車に乗りたかったので使っちゃいましたし(笑)だから、先々を考えて、準備する意識はつけたほうが良いと思います。それに、お金だけが全てではないですし。

今後の抱負などはいかがでしょうか?

 今年度は大学の状況や内容を把握できた1年でしたので、2020年は飛躍の年にしたいですね。 教育・研究の抱負としては、2020年はライフキネティックを授業に取り入れていき、研究してみたいと思っています。 サッカーの指導もいろいろ考えていますよ。

取材:田沢
編集:小林(ひ)

シェアする

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Facebook

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Facebookページ

Twitter

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Twitter

Instagram

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Instagram
Instagram did not return a 200.