• 投稿カテゴリー:Business

一般社団法人ビジョンアセスメント協会の活動 小松 佳弘 vol.2

一般社団法人ビジョンアセスメント協会の活動 小松 佳弘 vol.2

シェアする

小松 佳弘 (こまつ よしひろ)

株式会社パーソナル・グラス・アイックス常務取締役
ツァイスビジョンセンター by パーソナルグラスアイックス、メガネのアイックス銀座店、検眼士
一般社団法人ビジョンアセスメント協会 代表理事
小松式ビジョントレーニング ビジョンアセスメントトレーナー

《出身、学歴、競技歴》
1981年7月27日福岡県飯塚市生まれ。
九州産業大学附属九州高等学校、早稲田大学 人間科学部 スポーツ科学科コーチング理論 卒業
大学在学中に、心理カウンセリング専門学校、キクチ眼鏡専門学校(オプトメトリー課程)も卒業。
2020年4月より筑波大学人間総合科学研究科 体育科学専攻 博士後期課程に進学予定。
競技歴:卓球・バスケットボール・ソフトボール・硬式野球

代表的な著書に『発達障害の子どもを伸ばすビジョントレーニング(実務教育出版)』がある。

 プロスポーツ選手から小さな子ども達まで、老若男女問わず全ての人を対象とした、「視る」機能を知るための両眼視機能検査「ビジョンアセスメント」と「視る」機能を高めるための「ビジョントレーニング」。
 人間の情報入力の大部分は眼から言われており、その機能性を高めることは、スポーツ成績の向上のみならず、学習の促進や発達障害の改善など幅広く、かつ多くの事項を改善することが可能と言われている。
 『発達障害の子どもを伸ばすビジョントレーニング(実務教育出版)』の著者であり、小松式ビジョントレーニング ビジョンアセスメントトレーナーである小松 佳弘氏に、キャリアや現在の活動等を聞いた。

一般社団法人ビジョンアセスメント協会の設立について伺えますか?

 一般社団法人ビジョンアセスメント協会は2019年11月に立ち上がりましたが、事業としてのスタートは来年を予定しています。まずは全国にアセスメントができる認定者を増やしていきたいと思っています。
 設立にあたって、アセスメントを希望する方々が安心して活動できる環境を作っていくために、一企業の資格ではなく公共性のある一般社団法人が良いだろうと判断しました。そして最終的には、公益財団法人にしたいと考えています。

  今ORT(orthoptist:視能訓練士)になられている方は、9割が女性といわれています。結婚や出産といったライフイベントで、眼科で勤務を続けることが困難になって復帰出来ず、資格は保持していても活かし切れていない方が多いという現状があります。ORTが職場に復帰できていない現状は改善したい部分の一つです。
 ORTの方々が仕事として、まだ日本では活用されていない眼のアセスメント・機能検査を、地域の学校などで行えないかなと考えています。スポンサーを協会として募り、無料の検査として行う。資格を持つ方が経験を活かし、短時間での活動でもお給料がもらえて、さらに日本全国の子どもたちは眼のアセスメントを受けることができる。そして、アセスメント内容からトレーニングやケアの方法や経験、知見までをその後ORT同士が共有できれば、全国の子供達に対してもより効率的なアプローチが可能になっていくのではないかと考えています。

 結婚や出産をして子どもを持つ母親となると、子どもの気持ちも理解しやすくなると思いますし、ORTの雇用促進や現場復帰への足掛かりになれれば、とも思います。

研修は、どういった方たちに受講して欲しいですか?

 眼の専門家だけに限らず、運動従事者も含めて幅広い方に受講していただければと思います。

  特に、療育施設の職員の方々などには、役に立つのではないかと考えています。今後私一人だけで全国の施設を回ることは限界がありますし、また発達障害に関してはビジョンを活用した評価や対応がスムーズに行えるスタッフが少ないため、アセスメントの手法や方法の提示を協会が率先して広めていくといった貢献度・可能性は大きいと感じています。現在働かれている作業療法士や理学療法士など医療従事者の方々も、それぞれの方法や知識・経験をより活用できるように、事業を進めていきたいですね。

  先日、広島で行ったセミナーには、鍼灸師やトレーナー、ヨガインストラクター、ピアノの先生など、多くの異なった業種の方々に参加していただきました。普段運動されていない方でも、ビジョンアセスメントはシンプルに行える物ですので、気軽に参加してほしいです。

眼科検診との連携はどのように進めていきますか?

 眼科検診では、視力検査や屈折異常の発見は出来る部分です。ビジョンアセスメントとしては、弱視やその他の視機能異常を早期発見できるように、個々の眼に関する二重・三重のチェック機能として活用してもらえたらいいなと考えています。

  例えば、医療機関で実施する3歳児検診では発見されなくても、4歳の時などに保育園で視機能異常をチェック出来れば、早期発見や対処ができると思います。眼科との協力はもとより、運動指導者やスポーツに理解のある整形外科医や内科医などに理解・協力してもらえるような関係を構築し、運動パフォーマンスとの関連性を高めていければいいですね。

  発達障害というより、落ち着きがない子たちは、病院が対応できずに8歳、9歳まで過ごしてきてしまっていることもあります。視覚機能で改善できる部分も多いですし、少しずつ病院や学校との連携もできるようになっていくと思います。

視覚業界への提言が大きくなりますね。

 視覚の重要性は、医療の現場でもあまり認知されていなかったり、大事だと思ってトレーニングをしている人でも正しい知識や情報が共有されていないので、正しく根拠のある情報を広めていきたいと思います。

一般的には「視力」として捉える人が多いと思いますが、「視機能」という考え方が認知されてきたのはいつ頃でしょうか?

 日本にスポーツビジョンが入ってきたのは15〜6年前だと思いますので、そのタイミングでしょうか。まだ20年にならないと思います。

  アメリカ式とドイツ式、双方の検眼法や眼に関する考え方の違いの影響も、大きくありますね。
  アメリカ式は眼力を高める方法が先行しますが、ドイツ式はどちらかといえば出来るだけニュートラルに戻すという考え方が強いです。治せるズレなのか、治せないズレなのか。ドイツ式ではしっかりと切り分けて、治せるズレや範囲はトレーニングで介入し、治せないズレはストレスになるので眼鏡やコンタクトによる矯正などで改善したりを促します。

最初にメガネ店に入職した時から、視機能の必要性を感じていたのですか?

 当初は、メガネ店の業務を覚えることが最初の仕事だったので、そこまで考えていなかったです。フィッティング技術を高めることやメガネのレンズを削るという業務を覚えることが中心でした。

  ただ、「見えない」ことは嫌だなと感じていました。例えば、乱視が強い状況にも関わらず半分程度の矯正に留めることや、裸眼では見えないけど眼鏡を付けると少しだけ見えるような弱矯正の仕方などです。

  一度、眼科の先生とディスカッションになったエピソードがあります。
 乱視をしっかりと眼鏡で矯正し、「見えるようになりました!」とお客様からコメントを頂いたのですが、隣の眼科を受診した際に「こんなにキツい度数で眼鏡を作ってはいけない!」と言われ、先生自身がクレームを入れるために来店されたこともあります(笑)。お客様自身は「凄く見やすい!」と言ってくれていたのですが。
 日本においては、古くから弱矯正が良いといわれてきた背景があったので。

「メガネは弱めに作らないと目が悪くなる」と聞いたことがありますが、実際は違うのでしょうか?

 それは、迷信というか、正しくない情報が広まっていたからですね。

  過去の日本の論文では、弱矯正の眼鏡で近視の抑制が見られる、という報告がありました。しかし、海外では完全矯正が主で、その後の適性度数、つまり本人が良く見える状況にすることが当たり前となっていました。日本と世界で、矯正の考え方や方法にギャップがあった理由でもあります。

  また、制度上の違いもあって、日本は眼鏡士が国家資格ではないことも影響していたかと思います。海外の多くは、眼鏡士が国家資格として認知されています。アイドクターと眼科医、ORT(視能訓練士)と眼鏡士がそれぞれ役割を分離し、連携を取りながらそれぞれ活動する関係性が本来は必要だと思うのですが、うまく進んでいないのが日本の現状です。

  眼科医での手術の選択以外にも、視機能を高めるという点で、眼鏡士の国家資格化や役割の明確化、知識の向上・改善が進んでいければと思います。

様々な要因が影響しているのですね。

 来年の春から筑波大学大学院に進学する予定ですが、日本では身体運動と眼球運動が同じ分野では扱われていない現状があります。

  大学院に進学して研究しようと思った理由の一つは、日本では眼球運動が心理学的分野での対象とされる点に疑問を持ったことです。例えば、緊張時には視野が狭窄するといった心理的側面での検討はありますが、その逆がない(視野が狭窄することで、緊張が進む)ように、視覚情報から見た運動の変化やその関連性を研究しているケースは少ないのです。

  将来的には博士号取得を目指して、この分野での認知度向上や説得力をより高めていきたいと思っています。

大学院に進学されるのですね。来年の4月からの専攻分野は?

 筑波大学大学院 人間総合科学研究科 体育学専攻 体育・スポーツ教育系 体育心理領域です。運動の中の心理学ですね。分野としても、視覚情報からの運動と心理の関連性に関しては整理されていますが、一つの分野として扱われるほど視覚と身体運動に関する研究はまだないという状況です。

  私は、近視や遠視、乱視、斜視や斜位など、眼のプロフィールから起こるパフォーマンスの変化を追っていく必要性があると考えていますが、先行研究もほとんど無い状況なので、これから行う研究や論文が、この分野でのベースとなっていければいいですね。次に研究する人へのきっかけにもなると思います。
 これまでの研究や論文の内容に対して大きな変化を与える、運動への考え方がガラッと変わるようなものになると期待しています。

5年間の博士課程に通われるということで、長期的な研究として考えているのですね。

 カールツァイスビジョンセンターをオープンするのですが、それに伴いカールツァイス社から機器の提供や海外論文の閲覧などバックアップを受けられるため、色々な情報をシェアしたいと思っています。店舗でもデータが取れますし、療育施設を訪問していることもあって、研究の対象者も多くなるかなと思います。いい環境ですね。
 あとは、私が様々な部分で両立していかないと、と思っています。

会社の常務と、法人の代表理事と、学生。3足の草鞋を履くのは大変そうですね。

 実は、何よりも学割が楽しみなんです(笑)

取材:橘内 編集:小林(ひ)

パーソナルグラスアイックスはこちら

ツァイスビジョンセンター by パーソナルグラスアイックスはこちら

一般社団法人ビジョンアセスメント協会はこちら

小松さんの著書はこちら

発達障害の子どもを伸ばすビジョントレーニング(実務教育出版 2019)
URL  :
https://www.amazon.co.jp/dp/4788911000

シェアする

この記事を読んだ方は他にこんな記事も読んでいます

最新の記事情報が取得できます

Facebook

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Facebookページ

Twitter

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Twitter

Instagram

最新情報をすぐ確認できるようになります。

トレキャリ公式Instagram
Instagram did not return a 200.